11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

日々明々

東北の人・建物・文化などご紹介しております。。。ご当地物も紹介しておりますので是非、ご利用ください。。。


↑クリック↑ 自然の恵みから、あなたの健康を考える。。。田子なめこ農場へ、ようこそ♪ ↑クリック↑

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-
旅行好き必見!1泊3食2000円程度!知ってる人だけが得してる92%の人が知らない日本全国の格安宿
簡単に格安で海外旅行する手法 【再販権付】
今より50ヤード以上飛ばすゴルフスイングの秘訣
【ストレスから解放されるために】
簡単な文章を書いて楽々副収入(書き方教本)
夢判断-あなたの夢を解釈する方法

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

立石寺 

立石寺(りっしゃくじ)は、山形県山形市にある天台宗の寺院。山号は宝珠山。
本尊は薬師如来。寺号は詳しくは宝珠山阿所川院立石寺(ほうじゅさんあそかわいんりっしゃくじ)と称する。
山寺(やまでら)の通称で知られ、古来、悪縁切り寺として信仰を集める。
寺名は古くは「りうしゃくじ」と称した。蔵王国定公園に指定されている。
平泉中尊寺・毛越寺、松島瑞巌寺とともに「四寺廻廊」という巡礼コースを構成している。

立石寺の創建について、寺伝では貞観2年(860年)に清和天皇の勅命で円仁(慈覚大師)が開山したとされている。
当寺の創建が平安時代初期(9世紀)にさかのぼることと、円仁との関係が深い寺院であることは確かであるが、創建の正確な時期や事情については諸説あり、草創の時期は貞観2年よりもさらにさかのぼるものと推定される。
『立石寺記録』(立石寺文書のうち)は、「開山」を円仁、「開祖」を安慧(あんね)と位置づけており、子院の安養院は心能が、千手院と山王院は実玄が開いたとされている。
安慧は円仁の跡を継いで天台座主となった僧であり、心能と実玄は円仁の東国巡錫に同行した弟子である。
安慧は承和11年(844年)から嘉承2年(849年)まで出羽国の講師の任にあり、東国に天台宗を広める役割をしたことから、立石寺の実質的な創立者は安慧であるとする説もある。
また、円仁が実際に東国巡錫したのは天長6年(829年)から9年(832年)のこととされ、この際、弟子の心能と実玄をこの地に留め置いて立石寺の開創にあたらせたとの解釈もある。
立石寺には貞観2年(860年)12月の日付をもつ『円仁置文写』が伝わるが、この文書は必ずしも寺の創建年次を示すものではなく、この文書自体が後世の仮託とする説もある。
貞観2年(860年)には、円仁は当時としては高齢の60歳代で、しかも天台座主の高位にあった。
したがって、この時期に円仁が実際に今の山形県に出向いて立石寺を建立したということは、年齢と地位の両面から、文字通りの史実とは考えがたく、円仁の意を受けた安慧らによって9世紀半ば頃から徐々に寺観が整えられたとみるのが穏当である。
なお、根本中堂に安置されている木造毘沙門天立像は、近年の調査によって9世紀頃の作であることが判明しており、円仁とみられる頭部のみの木彫像と同様、立石寺創建期の一例に加えられる。
また、胸甲の上で甲締めの結び目を表していることや細い腰帯の下に幅広の腰帯を着けるなど珍しい甲制となっているが、これらは東北地方の神将形の作例にしか見られないもので、平安時代には同種の作例がある寺院との間に繋がりがあったことを示唆させる特徴を持つ点でも注目に値する。

立石寺には円仁(慈覚大師)の遺骸を安置すると伝える入定窟(にゅうじょうくつ)がある。
史実としては、円仁は貞観6年(864年)、比叡山で没しており、立石寺に実際に遺骸が移されたという確証はないが、入定窟の上に立てられた天養元年(1144年)の「如法経所碑」が現存し、そこには「大師の護持を仰いで法華経を埋納する」という趣旨のことが書かれていて、この時代(12世紀)、すでに円仁がこの地で入定しているとする伝承が成立していたことがわかる。
昭和23年(1948年)から翌年にかけて入定窟の学術調査が実施され、金箔押しの木棺と人骨5体分、円仁像と思われる頭部のみの木彫像などが発見された。
この木彫像の頭部については、目鼻立ちなどの特色から円仁像であることは認められ、作風からも9世紀頃の制作であると認められている。

昭和25年(1950年)に寺が県立公園に登録されると当時隆盛を極めていた観光ブームの煽りを受け、参拝客増加に対応するための「交通機関」として寺は全長約300m、高低差約150mの滑り台を建設した。
これは参拝客に楽しく麓まで下ってもらうための意図があったとされるが、滑り台の斜面の角度が約30度ほどで加速がかなりつき、参拝客の尻が火傷したり転落して負傷する事態が頻発するなど安全面で問題視され、結局1970年代の初めに廃止されたといわれている。
ただし、遊園地のジェットコースターなどスリリングな遊具があまり無かったこの時代の人間にとっては好評であったようである。この遺構は現在も残されている。

立石寺納経堂(山形県)


スポンサーサイト
1泊千円以下 豪華施設完備 超激安お宿リスト -全国完全版-
旅行好き必見!1泊3食2000円程度!知ってる人だけが得してる92%の人が知らない日本全国の格安宿
簡単に格安で海外旅行する手法 【再販権付】
今より50ヤード以上飛ばすゴルフスイングの秘訣
【ストレスから解放されるために】
簡単な文章を書いて楽々副収入(書き方教本)
夢判断-あなたの夢を解釈する方法

category: 山形県

thread: 知ってますか? - janre: アフィリエイト

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://moccori.blog44.fc2.com/tb.php/94-7ee14fae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

いらっしゃいませ

★旅に出ませんか?

☆田子なめこ農場

☆旅さがし

★最近の記事

☆こんなネタあり

★アフィリ開始なら

RSSリンクの表示

リンク

★MC運営サイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。